1. トップ
  2. 店舗用機能
  3. プログラム管理
店舗用機能

プログラム管理

提供する指導内容を「プログラム」として登録します。お客様は予約時にプログラムを選択します。

POINT 01

画像・説明文で魅力が伝わる、選びやすい

操作画面のキャプチャ画像

プログラムには、名前、長さ(分)のほかに、画像と説明文を登録いただけます。

会員への表示プレビューを見ながら作成することで、より伝わりやすい表示に設定いただけます。

POINT 02

担当スタッフ・指名可否・指名料金を設定

操作画面のキャプチャ画像

各プログラムには「担当可能スタッフ」を設定します。担当可能スタッフが出勤している時間帯のみ、予約が可能です。

「予約時にスタッフを指名できるようにする/しない」「スタッフの指名に追加料金を設定する/しない」といった設定も可能です。

指名なしの予約の場合、あらかじめ設定した優先順位に基づいて、自動で予約担当者が割り当てされます(割り当て後の変更も可能)

POINT 03

体験やグループレッスンなども作成可能

通常のマンツーマン形式以外にも、以下のプログラムを作成いただけます。

体験プログラム

体験プログラムには初心者マークが表示され、会員は住所・緊急連絡先情報の入力を省略してスムーズに予約することができます。

専用のアンケートを表示することもできるため「体験セッションで教えてほしいことは何か」などを事前に把握した上でセッションに臨むことも可能です。

操作画面のキャプチャ画像

募集型プログラム(グループレッスン)

操作画面のキャプチャ画像

複数名の会員が1つの開催枠に参加する「募集型プログラム」も作成いただけます。

定員の設定が可能で「定員に達する前の募集打ち切り」「開催中止によるチケット返還」などにも対応しています。

無人プログラム

操作画面のキャプチャ画像

設備の貸出を行うだけなど、スタッフがセッションを担当しないプログラムも提供可能です。スタッフは受付(来店処理)のみを行います。

非公開のプログラム

操作画面のキャプチャ画像

「チケットをもっていない会員にはプログラムを表示しない」設定を使用することで、非公開のプログラムを提供することが可能です。

チケットの購入には「年齢・性別による制限」「会員タグによる制限」が可能なため、購入制限機能と組み合わせることで「女性専用のプログラム」「キッズ専用のプログラム」「VIP会員様専用のプログラム」なども提供可能です。

POINT 04

キャンセルポリシー、予約時間帯制限

キャンセルポリシーの設定

操作画面のキャプチャ画像

予約キャンセル・変更の期限は「予約時刻の何分前」または「前日の何時まで」のいずれかの形式で設定可能です。

期限後も会員側からキャンセル操作は可能ですが、チケットは返還されません。店舗側からキャンセルする際は返還することも可能なため柔軟な運用が可能です。

予約時間帯の制限

操作画面のキャプチャ画像

予約できる曜日と時間帯を制限したプログラムを提供することも可能です。

例えば「平日の朝限定のお得な“朝トレ”プログラムを提供する」といったように活用いただけます。

POINT 05

設備の空き状況による予約制限

操作画面のキャプチャ画像

プログラムに使用設備を登録することで、スタッフだけでなく設備の空き状況もふまえた予約制御が可能です。

同時にトレーニングいただける人数に制限があるジムなどで活用いただけます。予約時に会員が設備を選択できるようにすることも可能です。

※設備の登録は必須ではありません。設備機能を使用せず利用いただくことも可能です。